人からお金を借りることを考えている場合

人からお金を借りることが考えているときには、そこで関係が終わってしまうという可能性があることを考えた上で借りるようにしましょう。金の切れ目が縁の切れ目と言うように、お金は人間関係が切れてしまう理由の上位に入るものとなりますから、特に友人や知人といった身近な人から借りる場合には注意が必要です。例えば出先で、細かいお金がなくて一時的に立て替えてもらうというやり方であれば、社会人なら誰もがすることですから、この程度であれば貸し借りと呼べるようなものではなく、お互い様だといえます。しかし、ある程度まとまった金額を借りるとなると借りることができてもできなくても、関係がギクシャクしてしまうことになりかねません。上手く借りることができて、スムーズに返済をすることができたときにはそれでチャラということもありますが、信用している相手に貸すだけに一回でも返済が滞ってしまったりしたら、その瞬間に関係が終わってしまうということもあるのです。

信用している相手だからこそほんの僅かであっても信用を損ねるような行為を許すことができないということがあるだけに、知り合いから借りるというのは人間関係を残ってしまう大きなリスクがあるということをしっかりと理解して置かないといけないのです。また、そもそも借りることができるとは限らずリスクを嫌って貸してくれないということもあり、貸してもらうことができなかったのに、そのことが尾を引いて関係が悪くなってしまうということもあるためお金を借りるということは非常にリスクが大きなものとなります。そこで、無理なく返済をしていくことができるというのであれば、銀行や消費者金融などの金融機関からお金を借りるのが良いでしょう。この方法であればお金を借りるにしても嫌な顔をされるということもありませんし、多少返済が遅れたとしてもそれだけで人間関係が壊れてしまうということもないので、ある意味安全なお金を借りる方法だといえます。